UUMM’s diary

MTGでケチケチデッキを作ってます。(*'ω'*)

MTG四方山話:統率者で強いカードとは?

コロナウイルスの影響で、世界全体でMTGの大型大会が中止、または延期され、今ではMTGAやMOのデジタルでの大会が主流になってしまっている。(;゚Д゚)

でも、紙カードユーザーはそんな程度でめげたりはしないのだ。(=゚ω゚)ノ

もちろんデジタルも便利なツールの1つとして利用させてもらっていますが、紙のカードもやっぱりしばきたい!( `ー´)ノ

でも、せっかくデッキを作っても肝心の大会が開催されてなければ結局遊ぶ事ができないわけだ。(;´Д`)

そこで出てくるのがカジュアルフォーマットだ。(=゚ω゚)ノ

今、世界中で人気が上昇している統率者(EDH)はモダンやレガシーの様にローテーション等による使用範囲カードの更新がなく、禁止カードも基本的には存在しない(推奨って形であるにはあるけどね(;^ω^))

今、世界中のプレイヤーはこの統率者を周囲の人たちと遊んだり、Zoomの様なツールを使ってオンライン対戦をしているのだ。(=゚ω゚)ノ

細かい説明は他の記事でも書いたので今回は割愛しますが、初心者も比較的参入しやすく、ローテーションがないため、カードが無駄になる事もすくなく、思い入れのあるカードを使用してあげることのできる良いフォーマットですね。(=゚ω゚)ノ

 

この統率者では4人対戦のバトルロイヤルが基本となり、通常の1対1での試合では活躍しないような微妙なカードが大活躍することが多いです。(=゚ω゚)ノ

今回はその例を挙げてみましょう。(*´Д`)

 

タルモゴイフとルアゴイフ

 

モダンやレガシーを遊ぶ人ならお世話になっている人もいるのではないでしょうか。

このタルモゴイフというカードは2マナのクリーチャーで、お互いの墓地に何もない状態であれば、0/1という、実に微妙なカードになります。

 

f:id:UUMM:20200812205039j:plain

 

例えば、1ターン目にフェッチランドを使い、1マナの手札破壊カードを唱えたとします。そして相手の手札から脅威になるクリーチャーを墓地に送ったとしましょう。その後、相手がインスタントのドロー呪文を唱えたとします。

 

f:id:UUMM:20200812205403j:plainf:id:UUMM:20200812205419j:plain

f:id:UUMM:20200812205445j:plainf:id:UUMM:20200812205458j:plain

 

そして改めて自分の番で2マナのタルモゴイフをプレイします。(;゚Д゚)

墓地を確認すると……そのサイズなんと4/5!( `ー´)ノ

 

(土地・ソーサリー・クリーチャー・インスタント) =4!!!

 

考えてみましょう。2マナで、4/5です!(=゚ω゚)ノ

これは破格の強さですね。(*´Д`)

そりゃお値段も上がるわけです。墓地の内容によって強くなる以外はただのバニラクリーチャーということもあり、禁止カードになることも恐らくないでしょう。(=゚ω゚)ノ

まぁ除去呪文は簡単に利いてしまいますからね。(;^ω^)

それでも破格の強さである事には違いありません。

 

しかし、それもあくまで1対1の場合での話。(*´з`)

統率者となると事情はまた変わります。(;^ω^)

タルモゴイフは全ての墓地にあるカードタイプを参照しているので、どんなに頑張っても強さは8/9が限界です。

1対1であれば、2マナ8/9はゲームを終わらせるだけの強さを誇りますが、統率者ではそうはいきません。

なぜなら対戦相手は3人もおり、それぞれのライフは40点もあるからです。(;^ω^)

そうなってくると、また別の角度からの強さが欲しくなるわけですね。(=゚ω゚)ノ

 

f:id:UUMM:20200812210433j:plain

 

この全てのルアゴイフの元祖である、ルアゴイフ自身は全ての墓地にあるクリーチャーを参照します。

 

f:id:UUMM:20200812210614j:plainf:id:UUMM:20200812210811j:plain

 

例えばこんな、全体除去呪文や大量ライブラリー破壊を使ったら果たしてどうでしょうか?(;゚Д゚)

こんな爆弾カードを打たれた後にルアゴイフを出されたらそのパワーは計り知れませんよね?(;^ω^)

なにせ4人分の墓地のクリーチャー枚数分のパワーを誇るわけですから、1人につき仮に5枚あったとしても、20/21なんて強さに簡単になってしまうわけです。(=゚ω゚)ノ

 

そうなってくると、統率者ではルアゴイフ方が強いのでは?といった事が見えてくるわですね。(*´Д`)

更に各ショップでのタルモゴイフとルアゴイフの値段を見比べてほしいのですが、明らかにタルモゴイフは数千円~1万円と高く、ルアゴイフは数百円とお安いカードです。(*´з`)

 

そう、つまりカジュアルフォーマットにおいては必ずしも値段の安いカードが弱いわけではなく、場合によっては滅茶苦茶激強カードに大化けする可能性も十分あるわけですね。(=゚ω゚)ノ

 

今回は皆に知られているカードを例に挙げましたが、これ以外にも通常の構築では使われることがないような微妙なカードが統率者では猛威を奮うことがままあります。

 

お値段的にはしょぼ~んなカードで、ストレージの片隅に眠っているような面白いカードたちが皆さんの家にも眠っていると思います。(´・ω・`)

ゼヒ、お家のストレージに眠っている面白カードを引っ張り出して今一度、眺めてみてください。(=゚ω゚)ノ

きっとお友達と統率者をするときに大活躍してくれること請け合いです。(*´Д`)

そしてそれで統率者を組み上げましょう!( `ー´)ノ

この際、強い弱いを抜きにして好きなカードだけ突っ込んでもいいのです。(*´Д`)

まずはそこから始めてみましょう。(=゚ω゚)ノ

 

そんなところで今日の雑談はいかがでしょう?